よくある質問

  • Q自宅の庭などに散骨しても良いのでしょうか?

    骨をパウダー状(2㎜以下)にすることで墓標を建てたりしなければ、自宅の庭の花壇などに散骨することは法律上は可能です。しかし、人骨を撒いたとなると都心では近隣の住人からクレームに発展することが考えられます。 また、地方などでも自宅を将来的に売却する可能性がある場所への散骨は売却後にトラブルになるのでおすすめできません。人骨を撒いた事は物件売買時に重要事項の説明として追記する必要があるようです。
  • Q遺骨が紛失したりすることはありませんか?

    ゆうパックの搬送中は所在を常に把握しております。到着後はセキュリティーのかかった場所で大切に保管されておりますので安心してご依頼下さい。現時点で事故ゼロですが、天災や交通事故、不慮の火災などでご遺骨が紛失・損失する場合も考えられますので心配な方は直接持込をご利用下さい。
  • Q火葬(埋葬)許可証が無いのですが粉骨できますか?

    火葬許可証・埋葬許可証は骨箱と骨壺の隙間に入っていることが多いので、まず確認してみてください。 火葬後5年以内であれば再発行が可能です。まず火葬した火葬場で火葬証明書の再発行を行ってもらい、それを市区町村に提出して埋葬許可証を再発行してもらいます。 許可証が無い場合は、1.遺骨が正式な火葬を施された焼骨であること 2.粉骨依頼者が遺骨の親族であることが分かる書類(戸籍謄本など) 3.遺骨がどなたのものであるか分かること(骨壺に記名があるなど)、この3点が確認できれば粉骨は可能です。身元が明確な場合はお申込者あ直筆で骨壺に油性マジックなどで故人のお名前を書いても結構です。
  • Q先祖の墓じまいをして海洋散骨をしたいのですがどうしたら良いでしょう。

    墓地や納骨堂に納骨した遺骨を他の墓地に移動する場合には改葬許可証を役所に発行してもらう必要がありますが、散骨の場合は、改葬ではないので役所への提出書類は必要ありません。お寺に事情を話して遺骨を返還してもらいます。 ごく稀に「それでも必要!」と頑なに拒否する住職さんなどがいるのも事実です。この場合は仕方がないので、市役所で改葬手続申請書をもらい、改葬の理由欄に「自宅にて一時保管のため」と記入し、許可書をもらい提出します。自治体によっては「散骨のため」と書くと許可してもらえない場合もあります。 墓じまいに関しては、手続きを代行させていただくことも可能です。問合せフォームからご連絡ください。
  • Q散骨は違法ではないのでしょうか?

    法務省は1991年、葬送のために祭祀としての「節度をもって」行われる限り、刑法190条の遺骨遺棄罪には当たらないとの見解を示しています。 SEASTYLEでは、一般社団法人日本海洋散骨協会の海洋散骨ガイドラインに準拠した海洋散骨を実施しています。
  • Q海洋散骨を行うには、役所などへの手続きや申請は必要ですか?

    取り扱う役所や機関がないという理由から許可や申請などは必要ありません。
  • Q海洋散骨を選ぶ人が増えている理由を教えてください。

    少子高齢化が進む日本において家族に対する意識や、ライフスタイルが変化し、葬儀やお墓のあり方に大きな変化が起きています。「お墓を管理承継する人がいない」「子供にお墓の管理で迷惑を掛けたくない」という理由で海洋散骨を希望する方々が増えています。
  • Q海洋散骨をすると供養する対象が無くなるのでしょうか?

    海洋散骨する場合、必ず遺骨をパウダー状(2㎜以下)に粉骨します。そのパウダー状の遺骨を一部手元供養として残すことができます。海で個人を偲ぶだけでなく、ミニ骨壺やペンダントにして身に着けるなどさまざまな形で供養をすることもできます。
  • Q粉骨後の骨にはカビが生えたりはしませんか?

    粉骨から水溶性の包みに入れる前に、UV滅菌器で紫外線照射を3分行い滅菌しますので、この際に99%のカビ菌やウィルスは死滅します。その後、真空パックしますのでまずカビなどの発生は無いと思いますが、カビは地球上で最も強靱な菌と言われておりますのでなるべく早めの散骨をするようお勧めいたします。