終活日記 |

所有する主な資格

  • ファイナンシャルプランナー
  • 小型船舶免許1級
  • 終活カウンセラー
    (一般社団法人 終活カウンセラー協会)
  • 海洋散骨アドバイザー
    (一般社団法人 日本海洋散骨協会)
  • 2018.08.10

    「墓じまい」どうしたら良い?

    今年もお盆休みの時期が訪れました。

    一般にお盆とは8月13日から8月16日までの4日間を指します。最近は、あえて交通機関が込み合うこの時期を避けて夏休みを取得する会社員の方も増えてきているという印象がありすが、楽天リサーチが昨年全国の会社員に取ったアンケートの結果では、夏季休暇の取得時期については、9割近くが「8月」(89.4%)という結果になりました。8月を避けて7月や9月に休暇を取得する予定の人は2.0%というごく少数となりました。

    更に、夏季休暇の予定について聞いたところ、「自宅で過ごす」という回答が40.2%で最も高い結果になりました。移動を伴う過ごし方については「国内旅行」(35.3%)、「お墓参り」(29.2%)、「遠出ではない買い物など外出をする」(28.8%)と続きました。「海外旅行」については9.9%と最も少ない結果となりました。
    年代別に見ると、20代、30代は「帰省」(20代:36.3%、30代:37.3%)、「プール・遊園地・海水浴などレジャースポットに行く」(20代:21.9%、30代:22.5%)の項目において他の年代と比べて割合が高かったようです。

    この結果から夏休みに帰郷してお墓参りをするという旧来からの夏休みの過ごし方をしている層が存在しています。
    祖父母や両親が健在のうちは、実家でのんびり過ごしお盆には先祖のお墓参りをするという夏休みはまさに〝日本の夏″ということでしょうがそのような過ごしかたも時代共に変わってきています。

    核家族化が進み都心に人口が集中して地方で過疎化が進む状況下ではお墓の後継ぎがいないといった理由で「墓じまい」を真剣に考えている人が増えています。
    墓じまいとは管理ができなくなったお墓を解体・撤去してさら地に戻すことですが、埋葬・埋蔵されていた遺骨を管理しやすい形で新しいお墓に移す「改葬」や、お墓そのものを無くし、「散骨」「手元供養」の方法で供養するなどさまざまな選択肢があります。
    いずれにしても、きちんと段取りを踏んで行なう必要があります。段取りを踏まなかったことが原因であとあとトラブルになるケースがありますので注意が必要です。

    このコラムのでも以前お伝えした通り(2018.06.18)引き取り手のない無縁仏が全国の政令指定都市だけで計約7400柱に上り、10年でほぼ倍増しています。

    無縁墓のまま放置されてしまうと、最終的には行政措置により解体・撤去されることになります。
    「墓地、埋葬等に関する法律」という法律があり、その法律で規定された行政手続き(官報への公告・墓地に立て札を立てる等)を行なって、墓所の使用者・縁故者から1年間申し出がなかった場合に無縁墓の解体・撤去ができるものとされています。無縁墓に納められていた遺骨は、納骨堂や無縁塚などに改葬されます。
    撤去して不要になった墓石は処分場で粉砕され、道路工事用の砂利などに再利用されることもあるようですが、墓じまいを請け負った事業者のなかにはそうした時間と費用を惜しんで不法投棄するケースもあり社会問題化しています。

    次回は、具体的に「墓じまいの段取り」をご説明したします。

  • 2018.07.09

    手元供養を考える 「いのりのしんじゅ」

     

    前回「手元供養を考える」でご紹介した通り、現在では手元供養品としてお骨を入れるミニ骨壺・ペンダントお骨からダイヤンモンド等の様々な選択ができる時代となりました。
    今回は、伊勢志摩の英虞湾より 遺骨を含むセラミック核から真珠を作る″いのりのしんじゅ″をご紹介します。
    ″いのりのしんじゅ″は、養殖真珠の工程と同じく挿核手術 ( 核入れ ) 養生・沖出し・監理・浜揚げを経てお骨を含んだセラミック核に真珠層を生成します。

    一般的に核入れされた貝の約半分が真珠をつくらず、20%がそれなりの真珠となり、綺麗な真珠となるものはわずかに5%ほどです。
    核入れ後の養生期間で、1割~2割の貝が死んでしまうか核を吐き出してしまいます。1回のオーダーにつき90個の貝を養殖するので、できる真珠は3珠~18珠程となります。
    一般に販売されている真珠は加工された製品がほとんどですが、受け取れる真珠は生珠です。その中には形が整っていない物やおうとつの有る物も含まれます。
    装飾品の様な綺麗さを第一と考えるのでは無く、大切な方を自然が包み込んだ形として受け止めていただきたいというのがコンセプトです。

    “いのりのしんじゅ” はお骨を預かり出来上がった真珠を届けるだけではなく、5月〜7月の核入れ12月の浜揚げに立会い、新たな命の始まりから誕生するまでの難しさ大切な方の蘇った瞬間の感動までを感じるまでがすべて商品との考えです。
    お骨と粘土を混ぜ合わせセラミック核を形成し真珠養殖と同じ工程で行うので、外側は天然の真珠層に包まれた真珠です。

    お骨を他の形に変えるダイアモンド等との違いは 渡される真珠は1つではないことです。
    90珠核入れを行い出来上がった真珠は全てもらうことができるのです。
    出来上がった真珠をケースに収めて手元供養の形とするか 普段に身につけられる 指輪・ペンダント・イヤリング等にもする事も可能。

    核入れ時期については5~7月初旬、浜揚げについては12月の初旬から末となります。
    核制作については全て手作業となりますので、ご注文が核入れ時期に近い場合はお受けできない場合があるとのこと。

    ■  いのりのしんじゅ URL : http://www.inorinoshinju.com

  • 2018.07.02

    海洋散骨と共に手元供養を考える

    故人の希望などで海洋散骨を希望される方でも、お骨の一部を手元供養として残したいという方が多いようです。

    手元供養について整理しておきましょう。
    故人が亡くなられると通夜と告別式が行われ、その後、遺体を火葬に付して遺骨を骨壺に入れます。骨壺はしばらくは自宅で保管し、一般的に仏式の場合は四十九日の法要後に納骨が行われます。

    手元供養では墓地や寺院に遺骨を納める際、遺骨の一部を分けて分骨するケースが多いようです。海洋散骨でも同様に、粉骨した遺骨の一部を分骨するケースが多いです。

    もうひとつは、いったん墓地や寺院に納めた遺骨を分骨し、手元に置くケースです。この場合、墓地の管理者の承諾などが必要になることがありますし、永代供養墓や本山納骨のように他の遺骨と一緒になっていると分骨することはできません。

    では、分骨した遺骨を自宅でどのように保管するのでしょうか。これにはいろいろなパターンがあります。
    例えば、
    ・小さな骨壺に分骨した遺骨を納め、マンションなどのリビングにおける小型の仏壇に置くのという伝統的な方法。  費用(骨壺のみ)3,000円~10万円程度
    ・仏壇も置かず、焼き物や石などのオブジェ、あるいはペンダントやリングに分骨した遺骨を納める方法。容器を用意するだけで済み、手間もさほどかかりません。費用(ペンダントなど)2,000円~5万円円程度
    ・加工型などと呼ばれ、遺骨や遺灰の一部を釉(うわぐすり)にまぜて焼き物にしたり、人工ダイヤモンドにする方法。ダイヤモンドの場合、製造は米国やスイスなど海外で行われるようです。費用(焼き物~人工ダイヤ)3万円~300万円

    このように一言で手元供養と言っても、さまざまな方法があります。今後さまざなま手元供養の方法について詳しく解説していきます。