終活日記 |

所有する主な資格

  • ファイナンシャルプランナー
  • 小型船舶免許1級
  • 終活カウンセラー
    (一般社団法人 終活カウンセラー協会)
  • 海洋散骨アドバイザー
    (一般社団法人 日本海洋散骨協会)
  • 2018.06.18

    30人に1人が、引き取り手のない無縁仏

    全国で無縁仏が急増しています。毎日新聞が調べたところ全国の政令指定都市で計約7400柱に上り、10年でほぼ倍増。最多は大阪市の2999柱。横浜市979柱、名古屋市607柱と続きます。国立社会保障・人口問題研究所によると、2016年の死者は約130万人/年で、年間の死亡数は今後も増加傾向を示すことが予想され、最も年間死亡数の多い2040年までに約36万人/年増加すると推計されて「多死社会」に突入します。少子高齢化の影響もあり、今後も無縁化が進む可能性があります。

    そのような中、横須賀市では「横須賀市エンディングプラン・サポート事業」をスタートさせました。横須賀市でも、ここ10年の間に無縁遺骨が増えてきましたが、多くが住民登録のある一般市民で、預貯金を引き出す親族も現れません。市は公費で火葬を行い、無縁納骨堂に納めてきました。一方「自分の最後の預金で無縁“仏”にして欲しい。」という遺書の発見もあって、“今の状態は御供養と言えるのか?”“独居で身寄りのない市民の生前意思を聞くべきだ”と言う機運が広がり、3年の歳月を経て実現されました。

    同市内の無縁骨はH15年度16柱でしたが、H26年度には60柱に増加していました。この事業はH27年度途中からのスタートですが、無縁骨は34柱に減り、葬祭費も約1,200万円(26年度)から、約700万円(27年度)に激減しているそうです。登録者のうち既に2名が死亡し「亡夫の骨と一緒に」などの希望も実現しています。

    横須賀市「エンディングプラン・サポート事業」概要

    (1)終活課題についての相談
    葬儀・納骨・死亡届出人・リビングウィル(延命治療意思)について、ご相談をお受けし、解決に必要な情報を提供します。※必要に応じ、専門家による相談もご案内します。

    (2)支援プランの策定と保管
    解決策について、一緒に支援プランを立て、これを保管します。また、リビングウィルも、ご希望により、任意書式の書面を保管します。※登録カードをご携帯いただき、登録証を室内に置いていただきます。

    (3)終活課題の解決に向けた連携・支援
    支援プランに基づいて、ご本人の入院・入所・死亡などの局面ごとに、あらかじめ指定された関係機関・協力事業者・知人の方々などに速やかに連絡し、連携して終活課題の円滑な解決に向けた支援をします。

    〈相談窓口〉横須賀市福祉部生活福祉課自立支援担当 電話046-822-8070

    参考:総務省「地域の元気創造プラットフォーム公式サイト」横須賀市ホームページ

  • 2018.06.01

    「感謝の会」生前葬で話題になった元コマツ社長の安崎暁さん死去

    昨年12月に「感謝の会」として生前葬を開いたことで、話題になった元コマツ社長の安崎暁さんが2018年5月26日に胆のうがんで亡くなりました。
    新聞で告知を行い「感謝の会」には同級生や会社関係者などおよそ1000名が出席しました。会を終えて安崎さんは、「死んでから葬式にきてもらっても自分がその場にいることができない。私の人生でめぐり会った人に握手をしてありがとうと言えたことに非常に満足しています」と話していたそうです。
    人生の終わりをどのように迎えるかを考える「終活」への関心が高まる中で、大企業の元社長が自分らしく生き終わりを迎えることを実践した今回の生前葬は、多くの人たちから共感を呼びました。

    「元気なうちに皆さまに感謝の気持ちをお伝えしたい」―。コマツ元社長で、東京徳島県人会元会長の安崎暁(さとる)氏(80)=横浜市=が、がんにかかったことを公表し、お世話になった人に「感謝の会」への参加を呼び掛けた新聞広告が反響を呼んでいる。11月20日付の徳島新聞朝刊などに掲載された。
    延命治療を受けないことも明らかにし、インターネット上では人生の最期を考える「終活」の一つの在り方と受け止められている。
    安崎氏は1995年から2001年までコマツ社長を務めた。その後、会長、相談役を歴任し、国家公安委員会委員にも就いた。引退後は講演活動などを行っていたが、今年の10月上旬にがんが見つかり、転移も多く手術はできないと診断されたという。
    徳島新聞の広告では「残された時間をクオリティー・オブ・ライフ(人生の質)優先にしたく、副作用の可能性のある治療は受けないことにしました」と明かし「(感謝の会に)ご参加いただき、お会いできたら最大の喜びです」と記した。(徳島新聞より)