散骨を申し込む前に

お墓や仏壇を持つこともできます

ご要望を頂ければ納骨用や手元供養、分骨のために粉骨した後にご遺骨の一部残すこともできます。事前にご連絡ください。

周囲の理解を得ておきましょう

海洋散骨を行う場合は、周囲の理解が必要となります。
故人の意思をエンディングノート(書面)などで残すことで、遺族や周囲の理解を得やすくすることができます。後々のトラブルを回避するためにもお勧めいたします。